女性ホルモン

便秘解消でおならも解消

便秘の状態の場合、便が出ない代わりにおならが多く出てしまう、というケースがあります。
腸内に食べたものが長く留まった状態では、腸の中で発酵をしてしまい、有毒なガスがどんどんと発生するのです。
量が増えることはもちろん、発酵することで臭いも強くなってしまうことがほとんどです。

便秘とは縁のない腸内環境がいつも良好な人の場合は、おならも便も臭わないことがほとんどです。
腸内に食べ物が留まっている時間が短いので、発酵したり腐ってしまう前に身体の外へと排出されるからです。
腸内環境が悪化すれば、腸の蠕動運動も低下してしまいます。
その結果、腸の壁に便が滞留してしまうこともあります。
これにより、ますます腸が動きにくくなってしまい、さらに便が滞留することとなります。
この悪循環から脱出するためには、一時的な便秘解消ではなく、根本的な治療が必要となります。
一時的な方法では、腸壁に留まった便はそのままで、腸内環境も改善することはありません。
少しずつ、日常生活を見直すことで、腸内環境を良好にしていきましょう。

腸内環境が改善されないまま、さらに悪化してしまうと、口臭や体臭にも影響が出てしまう場合があります。
腸の中の悪玉菌が増えて、そこから発生したアンモニアなどの有害物質が血管に回ってしまうのです。
すると、血管から身体全体に運ばれ、毛穴から体臭となって出てきてしまうというわけです。
腸の影響で胃も弱ってしまえば、息にも影響してしまいます。
体臭用の芳香剤や、ブレスケアの商品を使用するのも良いですが、まずは身体をメンテナンスして調子を整えることが重要です。
臭いの発生源をどうにかしないことには、根本的な解決は望めません。

腸内環境が改善し、身体の中からスッキリすれば、おならに悩まされることもなくなるでしょう。
逆に言えば、おならや便が臭うようならば腸内のバランスが崩れている証拠です。
身体や心が疲れていないか、見直す時期の目安とも言えるでしょう。