女性ホルモン

ウォーキングを実行して便秘解消

便秘解消のためには、食事や運動、日常生活におけるちょっとした工夫や気を付けることが必要になります。
その中の「運動」ですが、身体を動かすことが苦手な人は「運動」と聞くだけで構えてしまうこともあるでしょう。
しかし、便秘解消を目的とした運動は、決して激しい運動が必要になるのではありません。
身体全体の新陳代謝を高めるような、軽い運動が基本となります。
無理なく続けられる運動を選びましょう。

水泳などでも良いのですが、手軽に始められて、特に道具も必要としないのがウォーキングです。(本格的になってくると、専用のシューズなどが必要になることはありますが。)
散歩の延長線上で出来ますし、自分に合ったメニューを組みやすいのも魅力です。
どうしても時間が取れない人には、応用して通勤通学の歩き方をウォーキングのようにするだけでも効果があるでしょう。
無理なく日常生活に組み込める運動としては最適と言えるのではないでしょうか。

運動することによって、胃腸は刺激を受け、動きやすくなります。
さらに、血行がよくなることで、身体全体の新陳代謝があがります。
身体にたまった老廃物なども効率よく流れるようになります。
身体全体の代謝がアップすることで、便秘解消にもつながっていきます。
また、適度な運動にはリラックス効果があります。
腸が働くためには、リラックスした状態が1番なのです。
副交感神経が優位に働くことで、腸が働きやすくなります。
全身運動なので、排便時に必要となる筋肉の強化にもつながります。
ウォーキングには、便秘解消に必要なポイントが多く含まれているのです。

お勧めなのは30分程度、軽く汗ばむくらいのウォーキングが理想となります。
早歩きぐらいのスピードで、使っている筋肉を意識して、リラックスして行いましょう。
天気が悪い時は、無理せず家の中で、足踏みやかかとの上げ下げ運動をするだけでも効果があります。
無理なく続けられるウォーキングは、慢性の便秘を解消してくれる強い味方です。