女性ホルモン

便秘解消に一番欠かせないのは水分補給

人間の身体の約60パーセントは水分で出来ています。
これだけ多くの部分を占める水分ですから、体内の水分量のバランスが狂ってしまうと、身体に大きな影響を及ぼします。
便秘解消にも水分は欠かせません。
きちんと水分を摂って、身体の流れを良くすることが大切です。

便秘になりやすくなる時期というものがありますが、これは水分とも関係があります。
まずは夏ですが、暑い時期に大量の汗をかくことで水分が失われ、体内の水分が足りなくなってしまいます。
また、寒い冬も、寒さが原因で水を飲む量が減ってしまい、結果的に体内が水分不足となる場合があるのです。
加えて、寒さで体を動かすことも少なくなってしまい、より便秘の原因が増えてしまいます
時期に合った水分を摂取することで、身体の血液やリンパの流れも向上し、便秘になりにくい身体を作ることが出来るのです。

それでは、効率の良い水分の摂り方はあるのでしょうか。
水分は喉が渇いたから飲む、というのでは遅いのです。
身体に効率よく水分を巡らせるには、喉が渇く前に摂取する必要があります。
喉が渇いてから大量に一気飲みするのではなく、間隔を短くして、こまめに少しずつ飲むことが望ましいです。
また、健康にも腸に対しても朝起きてすぐに1杯の水を飲むことが非常に効果的と言われています。
起き抜けの水は、寝ている間に失われた水分を補ってくれると同時に、身体を目覚めさせて、動き出させてくれる助けとなります。

特に胃腸においては、空っぽの胃に水が入ることによって、腸の蠕動運動が誘発される形になります。
腸は寝ている間活発に働くため、朝が1番排便のリズムをつけやすい時間帯です。
朝に1杯の水を飲むことで、自然な便意を感じることが出来るのです。
また、自律神経の副交感神経優位の状態から、交感神経に切り替わるのも、朝起きたばかりの時間になります。
この時、水を飲んで身体を活動状態にしておけば、副交感神経が下がりすぎないようにバランスを取ってくれる働きもあります。
明日の朝からすぐにでも試せる簡単な方法なので、しつこい便秘に悩んでいる人はぜひ試してみて下さい。