女性ホルモン

便秘は女性ホルモンと関わりがある

生理前には便秘になりやすい、という人も多いと思います。
これは、女性ホルモンが深く関わっているためで、身体が便秘になりやすい方向に調節されてしまっているのです。

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。
このうち、便秘に関係してくるのは黄体ホルモンです。
黄体ホルモンは生理が始まる前から、身体を妊娠に最適な状態にするべく働くホルモンです。
体内に水分を蓄え、子宮の収縮を抑える働きをします。
すると、水分を蓄えるために腸内の食物からも必要な水分を持ってきてしまったり、子宮の収縮と共に腸の蠕動運動も抑制してしまったりするのです。
また、生理前は普段よりも精神的に不安定になったり、イライラしやすくなったりしますが、これも黄体ホルモンの影響です。
イライラも便秘の大きな原因の1つなので、結果、生理前は便秘になりやすいという人が多くなるのです。

けれども、逆に生理が始まってしまえば便秘解消には最適な状態となります。
黄体ホルモンが減り、今まで抑制されてきた腸の運動が戻ってくれば、便秘解消のチャンスです。
抑制されていた分、余分な水分を排出しようという働きも強くなりますので、適度な運動や心身のリラックスを心掛けて便秘解消につなげましょう。
便秘解消を本気で考えるならば、女性ホルモンを上手く利用して最適なこの時に生活の改善を始めると上手くいくことが多いようです。

また、女性ホルモンと関係するものに更年期障害も挙げられます。
更年期になると女性ホルモンが急激に減少します。
そのため、自律神経に乱れが出て汗をかきやすくなったり、イライラしやすくなったり、様々な症状が現れます。
腸の蠕動運動が弱くなるといった症状も出るため、まさしく便秘になりやすい状況です。
更年期障害による急激な身体の変化は、変化が急であるだけに、多くの症状が重症化しやすくなります。
自分だけで何とかするのではなく、早めに医師と相談し、コントロールすることをお勧めします。
便秘解消サプリメントは手軽でおすすめです。