女性ホルモン

キャベツに含まれる便秘解消効果

便秘解消には食事療法が欠かせません。
腸内環境を良好にするためにも、食物繊維を多く含んだ食品を継続して摂取する必要があります。
多くの野菜や果物に食物繊維は含まれていますが、その中でもキャベツは便秘解消に効果大の野菜です。

キャベツには非常に多くの食物繊維が含まれています。
食物繊維は体内で老廃物を吸収し、排泄してくれる働きがあります。
便のかさを増やして水分を含ませてくれることで、排便を促す効果もあります。
野菜の中でもポピュラーで、年間を通して購入できるキャベツは便秘解消や予防にとって、とても助かる存在です。
また、収穫時期も多く、価格変動も比較的少なくなっています。
経済的に見ても、とても優秀です。
習慣的にキャベツを食べることで、無理なく食物繊維を摂ることが出来ます。

その他にも、キャベツには多くの有効な栄養素が含まれています。
中でも注目したいのが、ビタミンUです。
一般的にはあまり知られていない栄養素ですが、このビタミンUが便秘解消に効果を発揮してくれるのです。
ビタミンUには、胃の粘膜を保護し、活性化してくれる働きがあります。
いわゆる胃腸薬と同じような働きです。
よく、揚げ物やフライの付け合せに千切りキャベツがありますが、これは理にかなった組み合わせなのです。
揚げ物によってたくさんの油がお腹に入った時、それを中和させる役割として、生のキャベツが非常に効果的だからです。
便秘になると、腸はもちろんのこと、胃も疲れて荒れてしまうことが多くなります。
胃腸を保護するためにビタミンUが働き、腸内環境の改善のために食物繊維が働くという2重の働きによって、キャベツは便秘解消に絶大な効果を上げるでしょう。

注意したい点は、キャベツばかりを大量に食べないことです。
摂りすぎた食物繊維は、体内の水分や油分を吸収してしまい、逆に便秘になってしまう恐れがあります。
他の食品とのバランスを見て、1日100グラムを目安に食べるようにしましょう。
この時、飲み物などでしっかりと水分を摂り、ドレッシングなどで適度な油分も同時に摂取するよう気を付けて下さい。