女性ホルモン

急性便秘に挙げられる特徴

急性の便秘とは、いったいどういったものなのでしょうか。
便秘を大きく2つに分けると、慢性の便秘と急性の便秘とがあります。
慢性の場合、食事、運動、生活環境など、様々な要因が原因となって、便秘状態がもはや当たり前のようになってしまうことを指します。
便秘症状に悩む人の多くはこうした慢性的なもので、習慣的に続く腸の不調から逃れたいという人がほとんどです。
それに対して急性とは、普段は便秘に悩まされることは無いけれど、旅行や新生活など、いつもとは違う環境に置かれることで、緊張から便秘となってしまうことを指します。
急性の場合、便秘解消に向けてどのような措置を行えば良いのでしょうか。

簡潔に言ってしまえば、便秘の解消のためには慢性も急性も方法は同じになります。
便秘になっている原因を探り、その原因を取り除くことです。
急性の場合は、いつもとは違う状況が存在するはずですので、その状況から脱却して普段の生活に戻れば問題はありません。
身体の緊張状態を元に戻してあげるのです。
また、その状況からの脱却が難しい場合には、緊張が続くことのないように、その状況に慣れるしか方法はありません。
出来るだけリラックスを心掛け、緊張をほぐしてあげましょう。

慢性に比べて、急性は一時的な症例がほとんどです。
その時の症状が改善し、その後続くことがなければ、特に問題はないでしょう。
しかし、急性が引き金となって、そのまま便秘が習慣化してしまうようならば問題です。
緊張状態からなってしまうのでは、元々体質的に便秘になりやすい、とも言えます。
急性が何度か続くうちに、腸内環境が悪化して慢性になることのないよう注意しましょう。
そのためには、出来るだけ早く今の便秘を治すことと、ストレスを溜めこむことのないように気を付けましょう。
緊張やストレスの影響を受けやすい人は、どうしても便秘に悩まされがちです。
自分なりのストレスへの対処法を見つけだし、普段から実践しておくことで、便秘にかかるリスクを減らすことが出来るでしょう。